今の自分に疑問を抱いたまま仕事を続けるくらいなら、いっそ転職してみませんか?これまでに培った技術を活かせる職場も良し、まったく違う職種に就いて新たな自分を探すも良し、転職には大きく広がる夢があります。

転職を目指す男性

デザイナーの転職先が夜勤の割合は高い

デザイナーが転職先に求める条件としてしばしば挙げるのは、夜勤に臨めることです。賃金面で優遇されるので夜勤を選択するのではなく、創作活動のしやすさを重視するためです。転職前には日勤のデザイナーとして活動している労働者は、夜勤で自己実現欲求が満たせるとさえ考えています。
オフィスが二つの顔を持っていることは、驚くに値しないと言えます。日中は営業員が活動し、夜間はデザイナーが制作に没頭している光景はよく見られます。デザイナーが夜勤することによって、集中し続けたまま作業することが可能です。朝から夕方まで事業活動を進める企業が大半を占めるので、日中に制作していると問い合わせや来客対応に時間を割く必要性に駆られます。他方、夜勤であれば連絡や訪問を行う取引先の数は激減します。作業途中に顧客と関わる頻度が低くなるので、集中力を切しにくくなるというわけです。また、夜勤のデザイナーは精神状態が落ち着いています。屋外で活動する人の数が少なくなるために、騒音が発生しないからです。
世界中の顧客を抱える転職先は、デザイナーに夜勤を課す傾向にあります。海を渡った先に顧客の活動拠点があれば、先方の都合に合わせて納品物を制作する必要があるからです。転職先の意向に従う結果として夜勤を始めるデザイナーは、あまり多くありません。それどころか、デザイナー自らが希望して顧客の都合に合わせようとします。転職することによって、最大限に集中できる環境が得られることを彼らは理解しているからです。彼らの事情を把握していない転職先は驚嘆する可能性がありますから、日中に活動することがない事実を受け入れるのかを説明できると納得してもらえます。