今の自分に疑問を抱いたまま仕事を続けるくらいなら、いっそ転職してみませんか?これまでに培った技術を活かせる職場も良し、まったく違う職種に就いて新たな自分を探すも良し、転職には大きく広がる夢があります。

転職を目指す男性

転職に有利な職務経歴書の書き方

転職の際には必ずといって良い程、履歴書や職務経歴書の提出が求められます。その人の過去の職歴や学歴等をアピール出来るツールのため、是非丁寧にかつ簡潔に完成させてみましょう。近年はインターネットの普及により、パソコンで書類を作成する事も可能で、わざわざすべてを手書きで作成する必要はないでしょうか。そのため、何度も書き直しが簡単に出来ますので、より企業が見やすく理解しやすい様に書きましょう。まず職務経歴書はインターネットで検索すると様々なテンプレートを見つける事が出来ますので、一からすべてを作成する必要はありません。各種大手転職サイトにもテンプレートがありますので、そちらを活用する事も良いでしょう。テンプレートが準備出来たら、後は自身の過去の職歴を完結にまとめていきましょう。ただ経験した事を羅列するだけではなく、数字など具体的でより分かりやすい表現を使うと良いでしょう。例えば、営業職を経験した人は、売上げの予算に対してどの程度の実績を残したのかを数字で伝える事でより相手にわかりやすくなるでしょう。中には過去の経験の中でプロジェクト等を任された経験がある人もいるでしょう。その際にはどのようなプロジェクトを担当し、どの様な結果を残す事が出来たのかを文章で完結に表現してみましょう。プロジェクトを記載する事で転職時の面接で話題が広がる事がありますので、あまり詳細に記載せず完結にわかりやすい表現を心がけましょう。この様に職務経歴書はその人を文字で表現するアピールのツールです。書類だけを見て面接官に興味を持ってもらえる様な表現を心がけましょう。書類選考を通過すれば後は面接で自身の人柄をアピールする事が出来るでしょう。