今の自分に疑問を抱いたまま仕事を続けるくらいなら、いっそ転職してみませんか?これまでに培った技術を活かせる職場も良し、まったく違う職種に就いて新たな自分を探すも良し、転職には大きく広がる夢があります。

転職を目指す男性

転職活動をする前にキャリア教育を有効活用しましょう

大学生の就職活動の解禁時期が大きく動く状況とは裏腹に、就職者の3割が入社後3年以内に辞めてしまうという統計データーが出ています。もちろん学生側、企業側双方ともインターンシップ制度などを利用するなどして入社後のミスマッチを極力少なくしようとしています。日本における代表的な企業団体である日本経団連も3年以内の転職は新卒者と同等に扱うという紳士協定は出来ています。しかし、本当の問題の根っこは、転職前にキャリア教育を有効活用していないことにあります。キャリア教育とは自分の適性を知り、生涯を通じての職業生活のあり方を教える根幹的な内容で構成されています。しかし、転職者の多くは、自分探しで海外留学をしてみたり、あるいは人生のやり直しを考えて文系大学卒業者が理系大学に3年次編入するなど、企業側にとって積極的に採用したいとは思えない道に迷いこむケースが目立っています。キャリア教育はもちろん、大学生にとっては必修ですが、大学を卒業してしまえば終わりという性格のものではなく、職業生活が続く限り必要とされるものなのです。これを有効活用する方法は大きく分けて2つあります。一つ目は母校で卒業後早期に退職した者に民間の人材会社がキャリア教育を行っているケースです。もう一つは東京仕事センターや各ハローワークで受講できるキャリア教育を活用する方法です。いずれの場合でも、入社前と入社後の自分のやりたいことのずれやミスマッチを掘り下げてともに考えて、本当の適性ややりたいことは何なのか、そのためにはどのような職業教育を受講する必要があるかなどを的確にアドバイスしてくれます。もちろん、職業適性検査の結果を通じての助言も受けることができます。このように、キャリア教育を自ら有効活用して転職活動を行えば、職業生活において遠回りするこが少なくなります。