今の自分に疑問を抱いたまま仕事を続けるくらいなら、いっそ転職してみませんか?これまでに培った技術を活かせる職場も良し、まったく違う職種に就いて新たな自分を探すも良し、転職には大きく広がる夢があります。

転職を目指す男性

施設警備で他現場との違いは転職先の労働環境で感じる

職種でひとくくりにされている仕事には、各々に大きな違いがあります。勤務場所の雰囲気や作業量など、現場に特有の事情が見られます。とりわけ同業種から初めて施設警備に転職した人材は、古巣との違いを如実に感じる傾向が強いです。共通した表現をするのなら、施設警備業務への転職は労働環境に大きな違いが感じられます。
転職して施設警備することになった労働者がまず驚愕するのは、地域ごとに定められている賃金のボーダーラインを下回っていることです。一見すると施設警備の人材を集める企業が数値の打ち間違いをしたのだと考えられますが、しばしば正確なものとして受理されています。体を動かすことによって警備活動が成り立たない現場に限っては、賃金の基準を下回っていても良い例外があるからです。この制度の存在を転職したあとに知った労働者の多くは驚きを隠せませんが、求人詳細に明記することが企業には義務付けられています。したがって、施設警備に特有の制度を理解して転職したと解釈されます。知識量が不足していたなどと主張しても賃金が変わりませんから、どの程度ボーダーラインを下回るのかを確認しておくべきです。
賃金のみならず、労働時間も例外措置が設けられています。行政官庁への届け出を行っていなければ、業種に関係なく一律の労働時間が決められていることが今日の労働環境の特徴です。ところが、施設警備は心身への負荷が軽い傾向にあるので一律に定められた労働時間を超過することが認められています。たいていは4時間程度の時間超過となりますが、施設警備は体力の消耗が激しくないので健康な成人であれば問題なく労働できます。精神衛生上の観点から見れば良好な転職先と言えます。